教習一覧

教育給付金制度とは(厚生労働大臣指定講座)

この制度は雇用保険の一定条件を満たす被保険者(在職者)又は一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し終了した場合に、その受講のために本人自ら教育訓練施設に支払った費用の一定割合に相当する額(20%)をハローワーク(公共職業安定所)から教育訓練給付金として支給されるものであり、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とした制度です。

受給資格

受講を希望する教育訓練講座の受講開始日において次の1.または2.に該当する方で、厚生労働大臣が指定した講座を受講し終了した方です。

  1. 雇用保険の一般被保険者 (在職者の方)

    受講を希望する教育訓練講座の受講開始日において、雇用保険の一般被保険者である期間が通算3年以上ある方。

  2. 雇用保険の一般保険者であった方 (離職されている方)

    受講を希望する教育訓練講座の受講開始日において雇用保険の一般保険者でない方で、一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、教育訓練講座の受講開始日までが1年以内であり、かつ雇用保険の一般被保険者期間が通算で3年以上ある方。

当校の対象車種

  • 普通2種
  • 中型自動車

詳しくは、教育訓練給付の支給申請手続きについて(厚生労働省HP)をご覧になるか、お近くのハローワークにお問い合わせください。